環境・緑化分野

環境・緑化分野

動植物調査

地域の動植物相や生態・生息環境を最適な手法により調査を行います。また環境アセスメントの観点から構造物の設置等による希少動植物への影響を事前に十分に調査し、予測・評価を行い、必要に応じて最適な回避策をご提案します。

土壌・地下水調査

土壌や環境水中に含まれる重金属等の有害物質を現場内で定量分析します。ボーリングコア等少量の試料で迅速に分析可能なため、造成等大規模な掘削を伴う工事の際、事前に汚染の可能性や程度を把握できます。

緑化計画

緑化は植物を取り扱う技術であり、植物が生育し、目標とする効果が発揮されるまでには時間が必要です。また、気象条件、土壌や地質などの立地条件や、地域特性に配慮した植物種の選定やそれらの植物材料の確保など総合的な配慮が必要です。維持管理手法の検討も含め長期的なサービスを提供しています。